teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


門司区のダチの家

 投稿者:地獄先生メール  投稿日:2011年10月 1日(土)10時40分28秒
  中2の時、ダチの家に泊ったことがある。その日はあきこえたがダチと俺の二人だけで、2階でゲームをしていた。ある夜のこと。俺はダチのパソコンでゲームをしていた。(深夜2時まで)すると、ギシギシと階段を上る音が聞こえた。そして、「ここを開けて頂戴」とダチの母っぽい声gあ聞こえあた。だが、俺は、その時気づいていた。俺とダチしかこの家には誰もいないということを。俺は怖かった。ひたすら寝た振りをしていた。すると、「あけろぉ!(X2位)という声が!・・・今書いているレス中だが、  
 

これは私の実体験です

 投稿者:よしぞう  投稿日:2009年 3月 6日(金)12時51分27秒
  今から20年も前の話しです 熊本県の人吉に「梅園」があるのですが その「梅園」の更に奥に渓谷があるんです 友人二人で熊本にドライブに行った帰り その渓谷の看板が目に付き 行く事にしました 渓谷ですから山の中 時間は夕方 渓谷の駐車場には一台の軽トラ 軽トラの持ち主は駐車場の草取りする 老人でした その渓谷を見るには林をかなり歩き 丸太で出来た階段を下に下に降りて行かなければいけませんでした やっと着いた渓谷は予想に反して 気持ち良い物ではなく 二人は「な~んだ こんなもんか」とタバコを吸い初めました その時です 私の 直ぐ側に まるで地面から湧き出た様に女性が黒く長い髪 黒のレースのワンピースに黒のヒール ????二人は顔を見合わせ小さな声で こんな人 いた?上から見えた?こんな山奥の人気の無い渓谷に若い女性が一人 暫くすると 女性は私達二人の後ろを通り帰る様子 私達二人も気味が悪いので その女性の後を追う形で帰る事に ところが その女性 早い 私達二人はスニーカー 二人は歩くのが かなり早いのに距離が縮まらない 同じ間隔で前を行く女性 二人は あの女性は陸上選手か?って話しながら歩きました 階段を登り終り 後は林の中の小道 その小道を見上げて ?あの女性が居ない 一本道なのに 「俺達が怖かったのかね~」と冗談いいながら駐車場 ???あの女性は なにでこの駐車場まで?車は 俺達の車と軽トラ さては あの軽トラの娘?駐車場の草取りしてた 爺さんに 今 ここに女性が来ませんでしたか?って聞いたら 爺さんいわく「いいや 私は朝から ここで作業してるけど ここに来たのは あなたたち二人だけだよ」って あの女性は何物?  

恐いから読んで

 投稿者:ななし  投稿日:2008年 8月30日(土)18時33分10秒
  http://s.freepe.com/std.cgi?id=cyoikowa23&pn=29  

大きな蛇

 投稿者:雫夢  投稿日:2008年 3月24日(月)18時35分22秒
  恐い話、なのかわかりませんが・・・。
よく、「蛇の夢を見たら大金持ちになれる」とか言いますよね。
私は「所詮都市伝説かなにかだし・・・。」と思っていました。
あの体験をするまでは、ですが。
私は夜型人間でして、よく遅くまで起きていることがあるのですが、
そのときも、私のゲーム機の時計は一時半を指していました。
「そろそろ寝よう・・・」
そう思って、軽く布団を掛けたまま、しばらく本を読んでみたり・・・
その後電気をけし、私は眠りにつこうとしました。
しかし、本を読んだりしてばっちり目が冴えてしまい、ぼんやりと周りの様子が見えてきました。私は半分寝ぼけ気味で、もう視界の半分に夢が浮かんでいました。
その夢は大変おぞましい夢で・・・・
私が立っていると、周りには一面に蛇、蛇、蛇・・・・
真ん中には髪の毛をぼうぼうに長くした女の人が立っていました。
「へび・・・・・め・・み・・・・か・・・・わ・・・・・」
「あ・・・・み・・・・・・」
女の人の声は中年男性のようにかすれていて、よく聞き取れません。
でも、はじめ確かに「蛇」と口にしていたのだと思います。
その瞬間、私は引き戻されたように視界が現実の部屋へと向きました。
「ちょっと電気つけてみよう」
そう思い、少しだけ体をおこしたとき・・・
ニシキヘビのような、とても大きな(抱き枕程度)蛇がいるではありませんか。
その蛇はてかてかとした緑のウロコに包まれており、とても美しかったです。
しかしその蛇、急に尾が切れ、口をあけ・・・・ばたり、倒れてしまいました。
私は起こった出来事がわからずと惑いました。

そのあと、私は事故にあいお金も頂きました。緑のリボンで結ばれたお金・・・。
すごい擦り傷と、自転車がかすれできた大きなミミズバレができ、それはそれは痛かったです。でも、このお金は・・・。
なんだかミミズバレが蛇に見え、ぞく、と寒気がしました。
今思えば、あの蛇のあれは、私におきる事を予想していたのでしょう。
 

黒猫

 投稿者:anko☆  投稿日:2007年 3月12日(月)23時14分27秒
  では、1つほど実体験を・・・

受験間近で、夜遅くまで勉強していたときの話です。
ふと時計をみると、すでに0時をまわっていました。
普段11時ごろに寝る私にとってはかなりの夜更かしです。
「もう少しやったら寝よ・・・」そう思って机に向かいなおすと.....

そこには、とてもきれいな黒猫がいて、
一生懸命おなかを毛づくろいしていたのです。

私はただただ驚き、呆然としていました。
すると、黒猫がチラッと私を見・・・
その黄色くてまん丸な目と目が合った瞬間、意識が遠のいて・・・

気がつけば次の日の朝になっていました。
「なんだ、夢か・・・」そう思いながら机の上の勉強道具を片付けようとすると.....

猫が座っていたあたりに、
湿った黒い毛が落ちていました。
そして、赤黒いしみも。

それからどうやって学校にいったかはうろ覚えで、
その後もぼけっとしてしまい、結局保健室へ。
ベットにもぐり、うとうととしていると、廊下から女子2人の会話が.....

「今日さぁ、学校来るとき黒猫の死体みちゃってさぁ~」
「あ~、うちもみた~。おなか引かれたっぽかったよね~」
「そ~そ~、すっごい痛々しくって・・・・・・・
 

(無題)

 投稿者:☆☆  投稿日:2006年 8月13日(日)15時06分38秒
  怖いので貼らせてくださぃ・・・
> このチェンメを見たことぁりますか?
> 「ミンナノロイコロシテヤル
> ミンナシネ
> ジャニーズモイナクナレ
> ガッコウモミンナモ
> ダイキライダ・・・
> ・・・・・・・・・・・・・・・」
>
>
> このチェンメはジャニーズファンの中でひそかに
> 流れ、恐れられているものです。
> だから知らない人もいるかもしれないけど
> これは本当です!!
> これを3箇所にコピーして貼\り
>付●け●てください。
> 貼らないと、死んだ「ワキガガマ」というあだ名の
> 「準(樹里)」という人の呪いをうけます。。。
> これをみてから24時間以内です。
>  貼らないとみんなにいじめられる、
> 頭が悪くなる・・・そしてワキガに悩みます。
> 急いで!!!!
>
> どんどん人が周りからはなれていくみたぃ。。。
> 学校トカで、「あれ??」って
> きづいてからじゃ、大切な物は取り戻せないから
> 信じて!!犠牲者を増やさないために。。
 

(無題)

 投稿者:....  投稿日:2006年 8月11日(金)20時56分58秒
  > > > > 奇形児を見たことはありますか?
> >  これは北海道の網走市であった話です。
> > 古塚美枝さん(当時23)
> > > > は、いわゆる売春婦でしたが夫がいました。
> > しかしその夫は働こうとせず、酒に溺れる毎日、そして酔う
> > と必ず美枝さんに暴力を振るいました。
> > 83年の夏、美枝さんは体調を崩し病院へ行きました。
> > 原因は妊娠によるつわりなどでした。
> > 売春婦であった美枝さんは、まず誰の子なのか考えましたが夫の子である事
> > を確信し、早く報告しようと急いで帰りました。
> > しかし夫は自分の子とは信じず、中絶を命じました。
> > > > それから5ケ月。結局美枝さんは中絶を拒み、
> > 生むことを決意しましたが、
> > 夫は従わなかった事を不満に 思い、さらに暴力を振っていました。
> >  そしてその日夫は美枝さんの腹部に膝蹴りをしました。
> > すると、美枝さんの股間からは溢れる様に血が流れてきました。
> > そして美枝さんは崩れ落ち、声にもならない 様なうめき声で唸りながら........流産でした。夫は慌てて家を飛び出して行きました。
> > 何故?それは生まれてきた子供が余りにも醜かったからです。
> > 目はあべこべに付き、片方の目は眉毛の上に付いていました。
> > 鼻はだらしなく直角に曲がり、口なんぞは縦向きに、
> > しかも耳のつけねから裂け目の 様に付いていました。
> > 動きもせず、ただこちらを眺めていました。
> > それからどうなったかは分かりま せん。
> > ただ、この話を聞いた人は最低3日間気を付けてください。
> > うしろで何か気を感じても振り向いて いけません。
> > それはあの子があなたを眺めているから。
> >  10分以内にこれを掲示板の5箇所に貼らなければ
> > そのままあの子は離れて行きません。お気を付けて。
> > >
> >
 

(無題)

 投稿者:カマリム  投稿日:2006年 8月10日(木)13時01分57秒
  怖いので貼らせてくださぃ・・・
> このチェンメを見たことぁりますか?
> 「ミンナノロイコロシテヤル
> ミンナシネ
> ジャニーズモイナクナレ
> ガッコウモミンナモ
> ダイキライダ・・・
> ・・・・・・・・・・・・・・・」
>
>
> このチェンメはジャニーズファンの中でひそかに
> 流れ、恐れられているものです。
> だから知らない人もいるかもしれないけど
> これは本当です!!
> これを3箇所にコピーして貼\り
>付●け●てください。
> 貼らないと、死んだ「ワキガガマ」というあだ名の
> 「準(樹里)」という人の呪いをうけます。。。
> これをみてから24時間以内です。
>  貼らないとみんなにいじめられる、
> 頭が悪くなる・・・そしてワキガに悩みます。
> 急いで!!!!
>
> どんどん人が周りからはなれていくみたぃ。。。
> 学校トカで、「あれ??」って
> きづいてからじゃ、大切な物は取り戻せないから
> 信じて!!犠牲者を増やさないために。。


--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
 

怖い話のお好きな方へ。

 投稿者:紫月  投稿日:2006年 7月28日(金)19時57分16秒
  これは、本当にあった話。
私はビデオレンタルショップでバイトをしています。いえ、正式にはバイトをしていました、というべきでしょうか。今はしてはいません。
よく、レンタルショップには箱が設置してありますよね。返却ボックス、とでも言うのでしょうか。正式な名前は存じておりません。この文中では、返却ボックスと呼ぶことに致しましょう。
私はある夜、いつものように返却ボックスを確認しに行きました。
見慣れたラベルの貼ってあるビデオの中に、一つ変なビデオがあることに気付きました。
録画に使うごく普通のビデオ。それが混じっていたのです。
何かビニールの様な袋に入っており、少し古びているビデオでした。
私は不思議に思いながら、店長にそのビデオを持って行きました。
店長は「ふーむ・・・・・。」とビデオを確認しつつ、こういいました。
「一応調べてみるから、今日は君があずかっといてくれないかな?」と言いました。
私はビデオを預かり、「え・・・ああ、わかりました」と、ビデオを預かりました。
その夜、私はどうしてもそのビデオが気になり、友人と兄と一緒に観ることになりました。
兄がビデオをデッキに押し込み、ガチャン、と音が鳴りました。今思えば、それが悪夢の始まりだったのです。
ビデオはしばらく砂嵐の画面でしたが、いきなりブツッ・・・・と言う音がして、動揺のような歌が聞こえてきました。よくきくと、それは「さっちゃん」のようですが、何かおかしいのです。さっちゃんが、まるでこちらにやってきます、の様な歌詞なのです。私は恐がりなので、「このビデオ、おかしいよ?やめたほうが・・・」と途中まで言いかけましたが、友人と兄が変なのです。まるで息もしないかのように、じっと歌を聴き、口ずさんでいるのです。私はぞっとしました。どこからか「サッチャンハネ、今日遊びに行くの・・・とても楽しい所なの。さっちゃん、頭までもらっちゃったぁ・・・・」と聞こえるのです。
まさか、まさか。私は気がつくと、涙と冷や汗でカオがぐちゃぐちゃになっていました。
私はビデオデッキの停止スイッチを、何回も何回も押しました。ビデオが止まり、友人と兄は「砂嵐しか映ってねーじゃん・・・?」といって、帰って行きました。
そしていつしか私も深い眠りにつき、夢をみました。
さっちゃんが、遠くにいるのです。そして私の頭の中に、さっちゃんの童謡が聞こえてくるのです。私はなにもいえないまま、さっちゃんの持っている大きな鎌に、頭を切られそうになったとき、知らない女性が飛び込んできたのです。女性の首が切れ、女性は死んでいました。私はそこで目が覚め、汗をぐっしょりかいていました。
そして、適当にホームページでさっちゃんのことを調べてみると、「沢村美代子さん、首を苅られ死亡!」と、大きくかいてありました。その横を見ると、「長女、沢村さちこちゃんの手には、鎌がつかんであった。」とかいているではありませんか。私の夢に出てきたあの女性は、さっちゃん(さちこちゃん)のお母さんだったのです。


・・・・いかがでしたでしょうか。この話は実話ですが、さっちゃんの名前などは、一部変更して、投稿しております。ご了承くださいませ。画像はトマトでございます。こちらは絵だそうで。ついでに載せておきます。
                      紫月。
 

本当です!!

 投稿者:おぉこ  投稿日:2006年 7月26日(水)22時50分50秒
  私の家のお風呂には、何かいると思います。私が体を洗っていると、家には、その時間妹と母しかおらず、ましてや2人とも浴室のある洗面所にいないのに、ドアが「こん、こん」と2回かならずなるのです。それは、収まったものの、次は、お風呂の沸かし装置が、勝手ににつきはじめるのです。これは、なんなのでしょう?  

レンタル掲示板
/8