投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


音楽療法ルームにも採用されています。サイレントデザインレビュー

 投稿者:staff  投稿日:2017年 8月26日(土)07時28分11秒
返信・引用
  レビュー

サイレントデザイン組立式防音室は、音楽療法や医療分野・聴覚検査・聴力検査室・心理学カウンセラー等のお部屋に利用されています。他人に聞かれたくないお話や悩みに有効な防音室です。

価格は低価格28万円~人気の防音製品です。
http://www.silent-design.jp/silent1.html

サイレントデザインでは、低価格の組立式防音室を好評発売中
http://www.silent-design.jp/

情報提供 サイレントデザイン「防音の窓口」

http://www.silent-design.jp

 

お世話になりました

 投稿者:あおたくみ  投稿日:2013年 4月 5日(金)11時53分14秒
返信・引用
  こりらこそ先週末は、金沢医科大学病院音楽療法研究会の「対人援助職のためのボイストレーニング No.6」にてお世話になりました。よい研修になりましたね。
また、病院スタッフやお集まりの教師、声のプロたちなど専門的な視点から声の可能性を話せたことが有益でした。

前夜の加賀料理・蓮根料理「いだ」さんの心尽くしには究極の贅沢を味あわせていただきました。
また次回の金沢が楽しみです!!ありがとうございました。
 

奥深い研修をありがとうございました

 投稿者:きたもとふくみ  投稿日:2013年 4月 4日(木)09時18分13秒
返信・引用 編集済
  先週末は、金沢医科大学病院音楽療法研究会の「対人援助職のためのボイストレーニング No.6」にてご教授をいただき、ありがとうございました。今回は、多職種で集いましたが、自分の声との出会いを体験することが出来、それぞれに深い時間を過ごすことができました。「そう思っていること」と「そう出来ていること」の違いって、随分ありますね。頭で分かっているという次元と、身体がそう出来ている次元の圧倒的な違いを実感しつつ、精進精進と思う時間でした。

話すように歌う、歌うように話す・・・究極です。
 

音楽療法研修会

 投稿者:弥生  投稿日:2013年 2月16日(土)00時00分43秒
返信・引用
  音楽療法かけはしの会では、本年も昨年に引き続き、音楽療法士の方々、音楽療法に興味のある方を対象とした研修会・勉強会などのイベントを実地する予定です。そのトピックや開催地などについて、皆様からご意見を頂きたいと考えております。

以下のリンクをクリックしてアンケートにお答え下さい。
http://enq-maker.com/igfpqki


参加者の皆様にとってより有意義なイベントを企画実行するため、また、今後、皆様のニーズに合った企画を継続していくことを目的にアンケートをお願いしています。
ちなみに、昨年の研修会は「音楽療法:アセスメントと評価」という題目で、「音楽療法士の方を対象にした少人数制の参加型研修会」というコンセプトで企画、横浜市にて実地させていただきました。このトピックは、昨年音楽療法士の方を対象に行ったアンケートで一番ご要望の高かったものを選ばせていただきました。

今年は、トピックのみでなく、
形式
開催地
対象者
もオープンで、皆様からのご意見を基に一からイベントを企画する予定です。研修会、勉強会、意見交換会、講演など、音楽療法士の方、関連他業種の方、一般の方、音楽療法を学ぶ学生の方を対象に企画して参りたいと考えております。

また、他団体様との共催や後援によるイベント開催も視野に入れております。ご興味のある団体様は是非本会までご連絡下さい。


音楽療法かけはしの会スタッフ一同

http://www.mtkakehashi.com

 

秋深し・・・

 投稿者:管理人 青 拓美  投稿日:2012年11月13日(火)02時47分21秒
返信・引用 編集済
  この掲示板もすっかりご無沙汰になってしまいました。
今年は家庭の事情で九州臨床音楽療法学会も日本音楽療法学会も欠席してしまい、すっかり音楽療法の流れから乗り遅れている青です。

ただ、自分の臨床実践は充実しています。
高仁会戸田病院と川口病院のデイケアおよび作業療法プログラムとしての音楽療法は、毎回毎回多数の参加メンバーの、歌う意欲の盛り上がりは、スタッフが気おされるほど!
歌の力が全開になったかのような、自らが健康になろうとするパワーがあふれています。
セラピストとしての私の仕事は、ひたすら皆さんの歌いたい曲のよりレベルアップした伴奏を提供できるかのみ。毎回そこに集中しています。

高齢者や精神科などの集団歌唱音楽療法に必要なものは、ピアノやギター一本でどれほど皆の歌う気を引き出す伴奏力が備わっているかです。結局、臨床音楽力こそが問われるといっても過言でないかもしれませんね。

http://takumiao.jp

 

ありがとうございました!!

 投稿者:岸本  投稿日:2012年 7月13日(金)16時49分57秒
返信・引用
  今回の岡山での青先生のご講演とワークは、まさに青式呼吸法を体験、体感できる内容でした。
私を含め会場の参加者の満足感はとても大きかったと思います。
本当にありがとうございました。

すごく内容が濃かったので、一度だけでは、消化しきれないところもあったかもしれませんので、ぜひこれをシリーズにしていただけたらと思います。
また改めてお願いさせていただくかと思いますが、なにとぞよろしくお願いします。
岡山のおいしいものも準備してお待ちしています。
 

岡山県音楽療法研究会

 投稿者:管理人 青拓美メール  投稿日:2012年 7月12日(木)01時57分48秒
返信・引用
  岡山県音楽療法研究会に招いていただき、集団歌唱音楽療法と発声についての講演とワークショップを先週日曜日に行ってきました。40人ほどお集まりくださった皆様は熱心に受講され、また青式呼吸発声法の身体を野生に戻す奇妙奇天烈な練習方法にも積極的に参加されて、大変充実した時間となりました。さんざん歌ったのにみなさん喉を傷める様子もなく、
「青式呼吸法=弛緩吸気呼吸法」の威力を実感されたようで嬉しかったです。
おまけに会場より是非、歌伴奏法のレッスンも!との声をいただき、次回に訪れるのがまた楽しみになりました。スタッフはじめ会員の皆様、一般参加の岡山周辺のみなさまに感謝申し上げます。

http://takumiao.jp/

 

深謝

 投稿者:きたもとふくみメール  投稿日:2012年 7月 8日(日)23時08分26秒
返信・引用
  日本臨床音楽研究会の記念すべき5周年記念集会を、金沢で担当させていただきました。大変光栄な機会を頂き感謝しております。準備の不十分さや、当日の不手際など、反省点ばかりがあって、実行委員会としては申し訳ない想いばかりなのですが…様々な学びの場を金沢で拓くことが出来たことの喜びを感じております。金沢と言う街は、古いものを尊ぶことの良さもありますが、新たな世紀への発信ということへも興味を持ち始めている土地です。その象徴ともいえる21世紀美術館の地下のシアター21で、一般の方々含め100名近くの方々と臨床音楽を共有できたことは、大きな意味があると思いました。参加した一般者から、「音楽したくなるからだ」と言う実感の声を聞いています。齋藤先生のワークで軸が作られたからだが、青会長・岸本副会長、そして宮川会員、オランさんの絶妙の音創りで引き出された声を体験した時、何が起こったのか。それを、言葉にしていく作業がこれから大切なのだと思います。これまでに体験したことのない【ひらかれた(開かれた・拓かれた・啓かれた)からだ】を、不安に感じた人もあったでしょうし、不思議を味わった人もあったでしょうし、ワケわかんないけど気持ちいい!と感じた人もあったでしょう。参加した方から、是非感想が聞きたいところです。
また、基調講演での塩谷先生のセラピスト教育のノウハウからは、音楽療法士と名乗る人にはどれだけのことが必要かと言う心構えをしっかり伝える厳しさがあったと思います。和合先生のトレンディな講演にも、多くの参加者が新たな視点を頂きました。健康を真面目に考え、且つ健康つくりを実践していく矜持を感じさせられる話題でした。

少し時間がたって、今(個人的に)リフレインしていることは、提示された幾重もの臨床音楽の姿に対して、羨望や(かなりの)嫉妬を感じつつ、自分の有していないものへの希求の想い…のような気がします。言葉では動かしようのないことが、ある種の音楽では動かしうるのだと言うことを目の当たりにしたことは、これからの自分の臨床を更に変えていくと思います。

音楽家にとっての臨床音楽、音楽療法士にとっての臨床音楽、その他のセラピスト・対人援助職にとっての臨床音楽、そして何よりも一般市民にとっての臨床音楽。その意義を語れる会になっていけばいいですね。
 

心より感謝!

 投稿者:管理人 青拓美メール  投稿日:2012年 6月22日(金)00時49分59秒
返信・引用
  ご報告が遅れましたが、「日本臨床音楽研究会 第6回”満5周年”記念石川集会」は無事、盛会のうちに終了しました。今回は16日土曜日に金沢医科大学音楽療法研究会との共催の臨床ライブと和合治久埼玉医科大学教授の免疫学に関する最新トレンドのご講演、そして翌17日は場所を金沢市21世紀美術館の地下ホールにて基調講演を洗足学園音大塩谷客員教授に、市民対象のイベントミュージックサンクチュアリと題して、齋藤考由九州臨床音楽療法学会理事長に声と呼吸と体のワークおよび、皆で歌おうという臨床ライブを開催し、100名ほどの参加者の歌声でおおいに盛り上がりました。

事務局および実行委員会には本当に感謝です。

この会は「音楽の力をいかに健康と臨床の場に役立てるか?」を率直に考える音楽家・音楽療法士・音楽療法研究者・臨床各領域の専門家および市民による開かれた会です。

多数の方々のご参加をお待ち申し上げています。
以下にホームページを記載します。

http://jacm.jp/

 

今週末

 投稿者:管理人 青拓美メール  投稿日:2012年 6月14日(木)03時22分16秒
返信・引用
  いよいよ今週土曜日日曜日には石川県金沢市および金沢医科大学にて「日本臨床音楽研究会」5周年記念集会・総会が開催されます。
「臨床音楽」という青の造語が一つの組織となって5年間もつながるとは改めて会員諸氏および関わってくださった全ての方々に感謝です。
さまざまな論がそこから湧き上がり、クライエントとの臨床実演の中で感じることを蓄積し、臨床家としてできる音楽をどのように発展させていくかを、常に模索してきた5年間だったように思います。
音楽療法が組織化の道をひた走ったことに関して、同業者間では賛否両論あるかと思いますが、クライエントにとって重要なことは、ひたすら自分にとって意味のある音楽か?そうでないか?だと思います。クライエントにとって直感的に意味のある音楽だと思って必要としていただける音楽こそが、「臨床音楽」の本質です。
今回は金沢医科大学での臨床実演や、21世紀美術館での一般参加による「ミュージック・サンクチュアリ」が開催され、その場で巻き起こる音楽に焦点が絞られると思います。
今からわくわくしています。
お近くの方々や、お近くにお住まいの方々には1部分でも構わないのでご参加をお待ちしております。

http://takumiao.jp

 

/113